2016.9.22 京都美山 芦生の森

参加者  NA、AS、OO、SI、YOちゃん、YOy・y

 

 ガイド同行のツアーに加わり、芦生の森を探索しました!

 

 茅葺き屋根の集落で有名な美山町からバスで出発。前日の雨で安全が保障できない、とのことで予定のトロッコ道コースから下谷コースに変更になる。バスの窓から見えたメタセコイヤの巨木に驚いた。街で見るメタセコイヤはまっすぐ立っているが、それとは印象が違ったから。

 

 1時間程でケヤキ峠(780m)に到着。そこで少し早めの昼食タイム。ツアーについている弁当だ。鹿肉の佃煮など、地元の食材満載でボリュームも満点。(中路さんが食べきれなかったほど)

 

ちょうど食べおわった頃に雨が降りだし、急いで雨仕度をする。そして939mのブナノキ峠をめざすが、ガイドさんの説明を聞きつつ、ブナの木のみずみずしい木はだに触れたり、変わったキノコをめでたりしながらゆっくり歩く。

 

再びケヤキ峠に戻って、次は下谷に向かう。トチノキ平ではトチノキの実がたくさん落ちていて、苔むした古木の姿に圧倒される。また、芦生の森で一番太い「大カツラ」に会えた。

 

雨は ほとんど気にならないほどで(15時半頃、バスに乗り込んだ直後から大雨)じっくり森を散策することができた。むしろ雨のおかげで、森はしっとり潤っていて、味わい深かった。                                   記:OO